リビング階段

リビング階段&吹き抜けの間取りは、今では珍しくありません。
見た目はオシャレで、子供とのコミュニケーション不足にならないというプラス面に対し、光熱費がかかるというマイナス面も当然あります。
リビング階段にする場合、そのような点をしっかりと考えた上で設計をお願いしましょう。
スポンサードリンク

リビング階段のプラス面

最近の住宅間取りにはアイデアがつまっていて、素敵な建物ばかりです。家族全員が使うリビングにも、デザインの種類は豊富です。

例えば、吹き抜け。開放感たっぷりで広々としていますよね。上下共に人の気配が感じられるので、家族もより身近に感じることが出来るのではないでしょうか?

また、階段はリビングに隣接されているので、子供が自分の部屋に行った。などということが分かります。 吹き抜けのリビングは見た目でオシャレなだけでなく、家族をより近いものにする利点があるんですね。 最近の子供は早熟で、プライバシーを気にし始めるのも早いのではないでしょうか?

親御さんとしては心配ですよね。学校から帰ってきたのに『ただいま』の一言も言わずに自分の部屋へ行ってしまう…。
でも、リビングに階段のある家はどうでしょう?リビングには誰かしら居ますからね。

帰ってきてコミュニケーションをとることが出来ます。 昔は、家の真ん中に階段を持っていってはいけないと言われていました。日本家屋の場合、弱くなるという理由で、家の中心にあるのは階段ではなく大黒柱でした。

しかし、技術が上がり木造ではなくなり…今では、吹き抜け&リビング階段というのは珍しくなくなりました。
外貨預金の手数料 学資保険 口コミ 行政書士 勉強法



リビング階段のマイナス面

リビングに階段がある住宅間取りは、今では珍しくなくなりました。 利点は第一にコミュニケーションが取れる。ですが、当然マイナス面もあります。

一番は冷暖房。暖かい空気は上へ上へと行きます。吹き抜けのリビングはもちろん寒くなります。
対策はあります。南側からたくさん日が入るようにしたり、空気循環できるようにしたりと…。冬はそれで過ごせても、夏は南からの日差しに耐えられるかどうか…。
吹き抜けのリビング階段にして、光熱費がかかるのは覚悟しておかなければいけません。

リビング階段での利点はコミュニケーションと上記で紹介しましたが、これも100パーセントそうだとは言い切れません。
小学生のうちなら問題はないでしょう。しかし、中学・高校になってくると必要以上に見られるのは嫌がると思います。挨拶程度なら大丈夫かもしれませんが、思春期特有の『何となく嫌だ』という気持ちが出てくるでしょう。必ずしも『そうだ』とは言い切れませんが。

そのくらいの年齢になると、帰る時間も遅くなります。
リビングの状態が夕飯時でお風呂上りの家族が居てもおかしくはありません。そんなときにリビング階段だと、友達が気を使うことも考えられます。

リビング階段にする場合、そのような点についても考えなければいけないんですよね。


関連商品・グッズをお探しなら


Copyright (C) 暮らしとインテリア All Rights Reserved